ここからサイト内共通メニューです。

生活クラブ埼玉「福祉活動緊急助成2020」報告会

開催日:2021年12月11日
2020年度に実施したこの助成は、コロナ第1波での自粛要請・緊急事態宣言により、困難を抱える人への支援が滞る中で、生協が社会的に果たす役割の一つとして、弱者支援を行っている団体を対象として取り組み、エッコロ基金より\12,899,500を支出しました。
決算を終え、実参加での交流の機会を待ちましたがかなわず、今回オンラインでの報告会とします。


日時:12月11日(土) 13:30~15:00 予定
開催方法:オンライン(Zoom)
参加対象:組合員、助成団体関係者
目的:助成金の報告と現在活動する中での課題(支援対象者・支援団体の現状)を共有する。
組合員と団体との交流の機会とし、地域の仲間同士として活動の広がり(まちづくり)につなげる。

内容:3団体登壇報告、参加全団体の一言団体紹介、質疑意見交換。
参加申込:申込フォーム、登録後アドレス宛に当日のご案内配信
申込締切:12/3(金)

登壇団体:一般社団法人コンパスナビ、一般社団法人Moonlight Project、NPO法人サマリア、

 〈団体活動内容〉
一般社団法人コンパスナビ
・社会的養護下から巣立ったけれども職を失い、住まいに窮しているしている若者、貧困や様ざまな傷害で生き辛さを抱えている若者に目を向け、自動車免許取得を柱として、安定した就労への支援、住まいへの支援と広がりを持った事業を展開しています。
一般社団法人Moonlight Project
・子ども・若者の支援を核として活動。活動の足場は「太鼓集団響」と「HIBIKICAFÉ(響カフェ)」と「宿題カフェ」一度学校から離れてしまった子ども・若者の居場所づくり、学びの場づくり、そして働く場づくりを目指しています。(不登校や経済的理由に息苦しさを抱えた子ども・若者を核に、そうではない若者や、彼らにつながる人たちが集い、この場所はつくられています。)
NPO法人サマリア、
 ・ホームレス状態など、困窮した生活を余儀なくされている方々へ、本人の望む生活ができるよう、専門知識と経験を持った社会福祉士や精神保健福祉士が中心となって相談・支援を行っている。

 

 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ埼玉 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。