越谷配送センターの太陽光発電システム

2010年11月に新設した新越谷センターに
太陽光発電システムを設置しました。
1月14日に東京電力の点検を終了。現在、順調に稼動しています。



設置した太陽光発電設備の発電量は年間で16,682kWhを想定しています。新越谷センターの年間想定電力利用料(180,000kWh/年)の約9.2%をまかなう事になります。

この太陽光発電によるCO2削減効果は年間6.3tを想定しています。
(購入電力において、1kWあたりのCO2換算係数として0.378[kg-CO2/kWh]をもとに算出しています。)

発電状況はセンターにあるパネルで見ることが出来ます。


Rびんの利用をはじめとした組合員活動によるCO2削減とあわせて、事業活動におけるCO2削減にも取り組んでいきます。


 
 

ページの先頭に戻る