GMOフリーゾーン宣言をしましょう!

どんどん広げよう!

GMOとは、Genetically Modified Organism 遺伝子組み換え作物のことです。

GMOフリーゾーンとは、「遺伝子組み換え作物を栽培しません」、「遺伝子組み換え作物を使用しません」という地域のことをいいます。生活クラブでは、埼玉県内の組合員・一般の方、生産者などを対象に、GMOフリーゾーン登録運動を行っています。遺伝子組み換え作物、遺伝子組み換え食品を嫌だと思う方は、ぜひGMOフリーゾーン登録をしましょう。

埼玉県の耕作面積は、約84,000ha。
目指そう900ha!


GMOフリーゾーン登録運動には、①GMOフリーゾーン宣言と②GMOフリーゾーンサポーター宣言の2種類があります。

①GMOフリーゾーン宣言(農地・山林など)

農地(農業者)・山林・牧場・食品を扱う店舗などをお持ちの方は、その所在地、面積を登録します。

②GMOフリーゾーンサポーター宣言

農地を持たない消費者で、「遺伝子組み換え食品を買いたくない・食べたくない」、「遺伝子組み換え作物を栽培してほしくない」、と思う人はGMOフリーゾーンサポーター宣言をし、お名前を登録します。


GMOフリーゾーン宣言

1.私は、自らが管理する地域で遺伝子組み換え作物を栽培しないことを宣言します。*流通業者などの場合、私は、自らが管理する地域で遺伝子組み換え食品を取り扱わないことを宣言します。

2.私は、自らの意志を示すために看板を掲げます。*あるいは、私は、あらゆる場面で自らの意志を示します。

3.私は、種苗業者に対して種子や苗が遺伝子組み換え品種によって汚染されていないよう求めます。*あるいは、私は、食品を扱う人たちに遺伝子組み換え原料を使用しないよう求めます。

4.私は、周囲の人たちにGMOフリーゾーンに参加するように働きかけます。

5.私は、遺伝子組み換え作物栽培者に対して、私が管理する地域を遺伝子組み換え品種によって汚染しないよう求めます。*あるいは、私は、遺伝子組み換え作物を扱う人たちに、私が作ったり食べたりする食品を遺伝子組み換え原料で汚染しないよう求めます。

6.私は、GMOフリーゾーンを支持し、広めるように周囲に働きかけます。

*GMOフリーゾーン宣言・サポーター宣言される方は、下記宣言用紙にご記入の上、提出してください。

2015年以前に登録された方は、再登録をお願い致します!

GMOフリーゾーン宣言用紙.pdf


【問い合わせ】
生活クラブ生協 組織課
TEL:048-839-4881 FAX:048-839-4899
メール  saitama@seikatsuclub-saitama.coop
*間違い電話が多発しています。お電話をおかけの際は番号を今一度お確かめくださいますよう、お願いします。


ページの先頭に戻る