3/5(日)「太陽の蓋」上映会 in さいたま共済会館

「太陽の蓋」自主上映会

2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災発生、福島第一原発は全電源を喪失し日本は消滅の危機にあった・・・。平然と原発災稼働に突き進む日本の政治と原発の現状を、いま一度、考えなおしませんか。

日時:2017年3月5日(日)13:30開場/13:45開演 14:00~16:10上映

※映画終了後に福島原発さいたま訴訟 原告からのアピールがあります。

会場:さいたま共済会館(浦和駅西口より徒歩10分)

料金:999円

お問合せ:福島原発さいたま訴訟を支援する会

TEL:048-829-7400(SSN・愛甲)

email:apply@fukusaishien.com


福島原発事故で故郷を追われ、埼玉県に避難した被災者の有志が、2014年3月、国と東電を被告とする損害賠償請求訴訟「福島原発さいたま訴訟(福彩訴訟)」を提訴しました。福島原発関連の損害賠償は全国で28件が提訴され、原告は約1万2000人。この3月には、群馬訴訟ではじめての判決が下され、さいたま訴訟も、国と東電の過失責任を追及する「責任論」から、被害の実態を検証する「損害論」へと進んでいます。私たちは毎春、被害の実態と被災者の思いを知っていただきたく上映会と原告の声を聞く集いを開催しています。ぜひ今年もお運びください!

主催:「太陽の蓋」上映実行委員会(委員長=猪俣正:弁護士)

後援:埼玉弁護士会

協賛団体:エコネットくぬぎ山、原発責任追及訴訟埼玉弁護団、埼玉西武・土と水と空気を守る会、震災支援ネットワーク埼玉、福島原発さいたま訴訟を支援する会

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 子育て応援
  • 子育て・福祉施設向け配送サービスご利用案内
Facebookもチェック
  • twitter
  • これいいクラブ
  • お友だち紹介
  • 生活クラブのえほん

ページの先頭に戻る