【組合員の方へ】あっぱれ育ち・はればれ育ち野菜の出荷状況について

あっぱれ育ち・はればれ育ち野菜

12月中旬になり、小松菜・ほうれん草・人参・里芋は注文された数量を出荷できるようになりました。しかし、人参・里芋は予想以上に規格外が多く、どこかの産地が出荷の下方修正の連絡があると他の産地で補完することができない厳しい状況になっています。

大根は、抜いてみると規格に満たさないものが多く結果的に予定数量が確保できないといった状況です。ブロッコリーは降雨、曇天のうえ高温等で病気(軟腐病、ベト病)が多発してまったく出荷ができていない産地もあります。トマト、ミニトマトは予想以上に着色遅れで出荷できない状況です。

48週から農産物ニュースには、一部今後も欠品が続きますと掲載していますが、どの品目も、週を追うごとに出荷数量は増えています。しかし上記内容から受注数すべて配達するまでの量が揃えられない状況です。

今後も大変ご迷惑をおかけいたしますが、「あっぱれ育ち野菜・はればれ育ち野菜」の持続的な生産と消費が続けられるよう、引き続きご理解くださいますようお願いします。


 
 

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 子育て応援
  • 子育て・福祉施設向け配送サービスご利用案内
Facebookもチェック
  • twitter
  • これいいクラブ
  • お友だち紹介
  • 生活クラブのえほん

ページの先頭に戻る