遺伝子組み換え食品(作物)は食べたくない!~だから署名に取り組みます~

 
 

生活クラブは、他の生協や市民団体とともに、ストップ遺伝子組み換え(GM)作物・食品のためのさまざまな活動に取り組んでいます。これまでの活動 の結果、国内での遺伝子組み換え作物の商業栽培にはストップをかけることができています。しかし、表示制度の欠陥のために、多くの人がそうとは知らずに、 加工食品(原料)の形で遺伝子組み換え作物・食品を口にしてしまっています。そこで今回、「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」が集約する「すべ ての遺伝子組み換え食品に表示を求めます」という署名を生活クラブ埼玉として取り組みます。

署名用紙はこちらから印刷して、配達便で提出してください。


疑わしいものは食べたくない!生活クラブの遺伝子組み換え反対運動

生活クラブは、1997年1月に「遺伝子組み換え(GM:genetically modified)作物・食品は取り扱わないことを基本とする」「やむを得ず使用する場合は、情報を公開して取り組む」と決定しました。そして、提携生産 者と協力し、すべての消費材を見直し、遺伝子組み換え食品飼料添加物などを取り除くことと、どうしても使用しなくてはいけない場合の独自表示を進めてきました。


知らないうちに食べているGM作物

現在、日本で認められているものは、大豆、ナタネ、とうもろこし、じゃがいも、綿、テンサイ、パパイヤなど8作物。しかし、表示義務は、納豆、豆腐、味噌などの原料に使用された場合など30種類に限られ、しかも、全体の重量の5%以下であれば表示対象外となり、表示されずに出回っていることが多いのです。また、家畜の餌にGM作物が与えられていても、食肉への表示は対象外となっているため、私たちは知らないまま多くのGM食品を口にしていることが多いのです。


生活クラブの遺伝子組み換え対策状況

生活クラブにおけるGM対策においては、主原料(5%以上)対策はすべて完了し、残る課題は微量原材料のみとなっています。共同購入カタログ(食べるカタログほか)には、対策状況をマークで表示してあります。

GM対策済みの品目
微量原料含め、遺伝子組換え作物は原料に使っていません。

 

 

GM対策に課題が残る品目
主原材料では遺伝子組換え作物を使っていませんが、酸化防止剤(ビタミンEやビタミンC)、香料の抽出に使用されるアルコールなどで、分別されていない原材料を使っています。

 


組合員の理解と利用が不可欠

家 畜の飼料については、他にない高いレベルのNON-GM配合飼料を実現してきましたが、飼料価格高騰と、生活クラブの畜産物・酪農生産物の利用低下(最大 時の7割程度まで利用が減少)が続き、生産農家の大きな負担となっています。肥育の牛、豚、鶏、採卵期間中の採卵鶏、搾乳期間中の乳用牛についてはGMト ウモロコシ、GM大豆粕を不使用としていましたが、2014年10月、主原料であるトウモロコシについては不使用を継続し、大豆粕を含め副原料・微量原料 のGM飼料の使用については不使用を推奨しつつ、生産者の意思を確認しながら進めることとなりました。


2015年9月22日生活クラブ埼玉理事会

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 子育て応援
  • 子育て・福祉施設向け配送サービスご利用案内
Facebookもチェック
  • twitter
  • これいいクラブ
  • お友だち紹介
  • 生活クラブのえほん

ページの先頭に戻る