ひまわりカフェ

福島の今を知る~甲状腺がんの状況 に参加して

2月24日(土)2017年甲状腺検査活動報告会「福島の今を知る~甲状腺がんの状況」を開催しました。
現在の福島について、福島県生活協同組合連合会の佐藤一夫さん、生活クラブふくしまの緑川順子さんと 力丸利枝さんに伺いました。

佐藤さんからは、帰還の状況や県民健康調査、除染廃棄物について、風評被害について、第2原発の廃止を目指していることなど多岐にわたるお話がありました。

なかでも私の心に響いたのは、様々な対立や分断が起きているというご指摘でした。

それは避難先から戻るか否かという住民同士の対立や、同居していた親世代と子どもを抱える子世代の分断といった福島県内だけのものではなく、震災と原発事故による被害者である福島と、被害者とならなかった私たちの間にもある、というものです。

たとえば私たちが取り組んでいる甲状腺検査活動では、甲状腺がんの男女の比率から放射線被ばく型では都の指摘がされ、それが患者や親を擁護していると思ってしまいがちですが、明らかになるということは、当時避難しなかった、出来なかった親たちに自責の念を抱かせ追い詰めてしまう、というご指摘です。

この活動をするにあたり、そういった親御さんの心情に寄り添うことも大事なことであると気付かされました。

写真:福島県生活協同組合連合会 佐藤一夫さん

緑川さんからは、生活クラブふくしまの検査活動の報告が、力丸さんからは現在の子どもの生活についてリアルなお話がありました。
 
7年が経過し親同士で放射線について話題になることは無くなった、話をしにくくなったこと、2017年の秋に近所の池の除染が始まったが、その池の周りでマラソン大会が行われ被ばくが心配であること、県民健康調査以外に甲状腺検査を受けることを理解してもらえない、子どもには普通の生活をさせている反面それで大丈夫かと自問自答しているなど、小学生のお子さんを持つ立場から、お二人とも悩みは尽きないようでした。
 
しかし福島でくらすと決めた自分たちに出来ることは、確実に安全と言えるまで県民健康調査への参加と甲状腺検査の継続と、不安を抱えるお母さんに寄り添う活動を進めていくことと、その決意とリフレッシュツアーの継続への感謝の言葉を伝えてくれました。
 
 
写真:生活クラブふくしま 緑川順子さん(左)と力丸利枝さん(右)
 
皆さんのお話に共通していたことは、今の状況を正しく知って欲しい、そして正しく伝えて欲しいということでした。
 
それに応えるために、まずは今やっている甲状腺検査とリフレッシュツアーを継続していきたいと思いました。また寄り添うとこととは真逆の、原発再稼動を求める意見書を採択した埼玉県議会へも働きかけが必要だと思いました。
 
理事 下川美紀
 
 
 

※今回佐藤さんが用意してくださった資料には福島の「今」が広く深く、そして分かりやすく書かれたもので、参加できなかった方にもぜひ読んでいただきたいと思います。若干部ありますので、興味がある組合員の方は本部活動推進部原田(048-839-4881)までご請求ください。
配布期限:2018年4月末日

Comments|コメントを書く

コメントを書く

 
カテゴリアーカイブ
理事会 (73)
狭山ブロック (56)
所沢ブロック (37)
川口ブロック (10)
越谷ブロック (15)
熊谷ブロック (6)
大宮ブロック (3)
入間支部 (0)
坂戸支部 (11)
川島支部 (15)
川越支部 (2)
日高支部 (6)
毛呂山支部 (1)
狭山支部 (3)
飯能支部 (11)
鳩山支部 (32)
鶴ヶ島支部 (20)
ふじみ野支部 (0)
和光支部 (0)
富士見三芳支部 (0)
志木支部 (0)
所沢北支部 (1)
所沢南支部 (2)
所沢東支部 (20)
新座支部 (0)
朝霞支部 (2)
川口中央支部 (0)
川口支部 (0)
戸田支部 (0)
浦和東支部 (0)
浦和西支部 (12)
蕨支部 (6)
三郷・八潮支部 (0)
吉川・松伏支部 (0)
草加支部 (0)
越谷支部 (0)
上尾支部 (0)
久喜支部 (0)
加須支部 (0)
大宮支部 (2)
宮代支部 (0)
岩槻支部 (1)
幸手支部 (0)
春日部支部 (0)
杉戸支部 (0)
白岡支部 (0)
蓮田支部 (0)
吹上支部 (0)
寄居支部 (0)
小川支部 (1)
本庄支部 (4)
桶川・北本支部 (1)
比企支部 (0)
深谷支部 (0)
熊谷支部 (3)
秩父支部 (0)
羽生支部 (0)
行田支部 (0)
鴻巣支部 (0)
くらぶメゾン志木 (0)
くらぶメゾン越谷 (0)
くらぶメゾン鶴ヶ島 (17)
事務局 (0)
越谷くわい支部 (21)
越谷いちご支部 (9)
(16)
庄内交流会2015 (15)
さんとめどんぐり村 (7)
月別アーカイブ
2018年11月 (2)
2018年10月 (5)
2018年9月 (4)
2018年8月 (3)
2018年7月 (6)
2018年6月 (4)
2018年5月 (5)
2018年4月 (3)
2018年3月 (7)
2018年2月 (4)
2018年1月 (2)
2017年12月 (7)
2017年11月 (12)
2017年10月 (7)
2017年9月 (8)
2017年8月 (6)
2017年7月 (7)
2017年6月 (10)
2017年5月 (5)
2017年4月 (3)
2017年2月 (5)
2016年12月 (3)
2016年11月 (7)
2016年10月 (6)
2016年9月 (6)
2016年8月 (9)
2016年7月 (11)
2016年6月 (15)
2016年5月 (11)
2016年4月 (6)
2016年3月 (7)
2016年2月 (9)
2016年1月 (8)
2015年12月 (13)
2015年11月 (18)
2015年10月 (33)
2015年9月 (14)
2015年8月 (26)
2015年7月 (23)
2015年6月 (16)
2015年5月 (19)
2015年4月 (7)
2015年3月 (3)

ページの先頭に戻る