ひまわりカフェ

展示会に向けて生産者見学に行ってきました

 (有)カワグチ企画は衰退する日本の伝統工芸に危機感を感じ、後世に伝え残していきたいと創業した会社です。伝統工芸とは①常に生活用品であること②昔から伝わる技術を用いていること③熟練の職人の手作りであること④修理が可能であることだそうです。

今回は山梨県にある「印傳屋」と「さかの珠宝製作所」を見学しました。

[印傳]は戦国時代に鎧や兜に使われ、江戸時代には和装小物に使われるようになり、明治以降は洋装に合う商品が開発され、現在もなお開発は続いています。山梨県(甲州)では長い歴史の中で独自の技法で13代続く印傳屋のみは残っているそうです。

甲州印傳は厳選された鹿皮のみを使い、漆技法、燻技法、更紗技法によって色や模様をつけていきます。それぞれの技法に特徴がありますが、使えば使うほど鹿皮の手触りが変化し、手になじんできます。写真の模様は吉祥紋といわれる古典模様です。模様ひとつひとつにいわれがあり、送る相手を思って柄を選ぶのも楽しいひと時です。

                        

[さかの珠宝製作所]の坂野耕一さんは日本伝統工芸士で2015年にはダライ・ラマ法王14世の念珠(数珠)も制作しています。

念珠は海外から買い付けた水晶や翡翠の原石を念珠の大きさにまでにカットし、研磨を繰り返し丸くつややかに削っていきます。

坂野さんによれば、念珠は葬儀の時だけでなく手を合わせるときに使うもので、お墓参りや仏壇に手を合わせるときも使うそうです。葬儀などでは念珠をかけることが礼儀であるといわれます。

お伝えしたいことは山ほどあります。どうぞ学習会、相談会をブロック、支部で開催し、貴重な情報、知識を自分のものにしてください。展示会のチラシやCOME ONかもんに展示会の案内が掲載されたら、チェックして、ぜひ足を運んで実物を見てください。                                                (理事 谷中照枝)

         

Comments|コメントを書く

コメントを書く

 
カテゴリアーカイブ
理事会 (45)
狭山ブロック (39)
所沢ブロック (28)
川口ブロック (8)
越谷ブロック (14)
熊谷ブロック (6)
大宮ブロック (1)
入間支部 (0)
坂戸支部 (11)
川島支部 (12)
川越支部 (1)
日高支部 (2)
毛呂山支部 (1)
狭山支部 (3)
飯能支部 (9)
鳩山支部 (10)
鶴ヶ島支部 (20)
ふじみ野支部 (0)
和光支部 (0)
富士見三芳支部 (0)
志木支部 (0)
所沢北支部 (1)
所沢南支部 (1)
所沢東支部 (20)
新座支部 (0)
朝霞支部 (2)
川口中央支部 (0)
川口支部 (0)
戸田支部 (0)
浦和東支部 (0)
浦和西支部 (8)
蕨支部 (3)
三郷・八潮支部 (0)
吉川・松伏支部 (0)
草加支部 (0)
越谷支部 (0)
上尾支部 (0)
久喜支部 (0)
加須支部 (0)
大宮支部 (0)
宮代支部 (0)
岩槻支部 (0)
幸手支部 (0)
春日部支部 (0)
杉戸支部 (0)
白岡支部 (0)
蓮田支部 (0)
吹上支部 (0)
寄居支部 (0)
小川支部 (1)
本庄支部 (4)
桶川・北本支部 (1)
比企支部 (0)
深谷支部 (0)
熊谷支部 (3)
秩父支部 (0)
羽生支部 (0)
行田支部 (0)
鴻巣支部 (0)
くらぶメゾン志木 (0)
くらぶメゾン越谷 (0)
くらぶメゾン鶴ヶ島 (17)
事務局 (0)
越谷くわい支部 (21)
越谷いちご支部 (9)
(10)
庄内交流会2015 (15)
月別アーカイブ
2017年5月 (3)
2017年4月 (3)
2017年2月 (5)
2016年12月 (3)
2016年11月 (7)
2016年10月 (6)
2016年9月 (6)
2016年8月 (9)
2016年7月 (11)
2016年6月 (15)
2016年5月 (11)
2016年4月 (6)
2016年3月 (7)
2016年2月 (9)
2016年1月 (8)
2015年12月 (13)
2015年11月 (18)
2015年10月 (33)
2015年9月 (14)
2015年8月 (26)
2015年7月 (22)
2015年6月 (15)
2015年5月 (18)
2015年4月 (7)
2015年3月 (3)

ページの先頭に戻る