エッコロ できるリストに登録しましょう!

エッコロ制度

エッコロ制度は気軽にたすけあえる仕組みを作るため、1986年エッコロ共済としてスタートしました。その後社会状況は大きく変化し、少子高齢化、関係性の希薄化が進んでいます。身近な地域の中で、誰もが生き生きと豊かに暮らし続けるためには、たすけあいの「仕組み」が重要となってきています。そこで、生活クラブ生協はエッコロ制度の充実をはかります。「おたがいさま」「たすけあい」の関係を、世代や近隣関係を越えて創ります。そんなエッコロ制度をみんなで加入して支えあいましょう。


エッコロ できるリスト

エッコロ制度のケア金支払い対象となる「できるリスト」には、エッコロ加入者が登録できます。より多くの人がエッコロを通して地域でたすけあえることを目指すため、「私のできること」を登録したリストです。

4人に1人が75歳以上(2015年)と言われる「高齢化社会」。さらに埼玉県は、日本一のスピードで高齢化しているとか。その中で、たすけあい活動を推進する生活クラブの「エッコロ制度」。中でも「できるリスト」は’’要’’です。

エッコロ加入者から”助けて”とエッコロコーディネーターにケア依頼があった時、「できるリスト」で希望に沿える助け手(ケア者)を探します。どんな依頼にも答えられるようにするには、「できるリスト」の豊富化が不可欠です。みんなで、「気軽にケアしたり、されたり」のエッコロ制度を充実させていきましょう。


エッコロできるリスト登録

エッコロできるリスト(できるリスト)には、エッコロ加入者なら誰でも登録できます。同居の家族(20歳以上)の登録も可能です(ケア金支払い対象外のケアに限ります)。

おおぜいの登録と参加で地域を豊かにするため、たすけあいの地域を創るため「私のできること」を登録します。

「できるリスト」申請書は、エッコロ制度ガイドブックに掲載されています。

ダウンロードもできます。配達員に提出してください。

エッコロできるリスト登録用紙.pdf


ページの先頭に戻る