2017年度エッコロ基金助成【総額600万円】

◆エッコロ基金とは◆(募集期間 9月10日~11月24日)

生活クラブ生協(埼玉)のエッコロ制度会員の掛金の一部を資金とし、個人・団体・グループ等が地域で行う「たすけあい(地域福祉)活動・事業・研究」に助成金を支払うしくみです。

*申請書類をアップしました。(2017年9月11日更新)
*2018年1月20日(日)に一次審査をしました。(2018年1月22日更新)


 
【一次審査結果】
2018年1月20日(土)に行われました審査の結果を報告します。
エッコロ助成は応募頂いた全ての団体、たすけあい助成は1団体を除いた5団体が一次審査を通過しました。
一次審査を通過された各応募個人・団体には郵便で二次審査(最終審査)の案内とその準備についてお知らせします。
追加質問および資料の提出期限は2月9日(金)必着です。
二次審査前に各審査員に郵送しますので、遅れないようにご注意ください。
 

【要項・応募用紙】(Word・Excel)
エッコロ助成 たすけあい助成
実施要項 実施要項
応募用紙 応募用紙
報告書 報告書 決算書類①決算書類②

 

【エッコロ助成およびたすけあい助成(福祉基金)の概要】

 

  エッコロ助成 たすけあい助成(福祉基金)
応募資格

次のいずれかに該当する団体および個人

①埼玉県内の各地域で活動・事業等をしている。

②埼玉県内で新たに活動・事業等を始める。

※「エッコロ助成」は組合員でない方も対象

次のいずれかに該当するグループ

(エッコロ会員3名以上)

①生活クラブ生協の支部・地区

②支部・地区で承認された実行委員会またはグループ(構成員1/2以上が組合員)*連は除く

③エッコロ制度たすけあいグループ

④生活クラブ運動グループ *市民ネットワークは除く

活動事業研究の内容

①「高齢」「障がい」「子育て」に関する支援活動及び「その他福祉に関わる活動」において、施設の改装・改築、備品の購入、シンポジウム・講演会・学習会などの開催、冊子等の作成。

②「高齢」「障がい」「子育て」をキーワードに、安心して暮らし続けられるまちづくりに関する調査・研究。

③その他、助成事業の目的に沿うと判断できる活動。

たすけあい助成は、地域福祉を推進する主体の継続・安定化を図るため、ランニングコスト等を含めた経済支援を行います。助成の内容は、以下に関わる活動・事業・研究等の費用で、人件費を除きます。

①多様な世代の居場所・たすけあいグループ

②共同購入事業の補完(例:まとめおろしやエレベーターのない集合住宅への玄関先への配達など)

③上記①②のほか、福祉の充実をはかる

助成額

総額 200万円

1件25万円限度

総額400万円

1件40万円限度

助成期間 2018年4月1日~2019年3月31日



問合せ:048-839-4881(生活クラブ生協埼玉 福祉推進部)

エッコロ基金の助成をきっかけに、安心して暮らし続けられるまちづくりが広がり、新たなたすけあいの仕組みが生み出され、住み慣れた地域の中でのつながりを深められることを期待しています。

 
 

ページの先頭に戻る