イベント

2/3(土) 環境について学ぶ講演会(仮題)「海の中から地球が見える」

秩父を源流とする荒川を、水源地から河口までたどる「荒川フィールドワーク」
4回を経て、その締めくくりに海の中からは陸上の環境がどう見えるのか、私たちの知らない視点から学びます。
講師には、ダイビングスクールを主宰しながら国内外の海を潜り、航海を重ね、核実験の影響が今も続くビキニ環礁の人々とも連帯しながら
情報発信を続ける武本匡弘さんをお迎えします。
 
環境について学ぶ講演会(仮題)「海の中から地球が見える」
 
武本匡弘氏プロフィール

父、叔父共に海上保安官、ついでに母親も元海上保安部職員という家で育つ。 坂の多い街北海道小樽市で生まれ育ち、どこの坂からも海が見えるという海環境に恵まれ、大人になってもやっぱり海から離れられない。
「世界中の海を潜ってもやっぱり日本の海が一番!」と言い切る。そして、両親が眠る江ノ島沖の海が自分のフィールド。もっと地元の海のことを多くの人に知ってもらう事が自分のライフワークだそうだ。    
 
1985年 パパラギダイビングスクール創設
1998年 NPOパパラギ海と自然の教室創設
・日本サンゴ礁学会会員
・ビキニ福島プロジェクト会員
 
 
日時:2018年2月3日(土) 13:30~16:00
参加費:200円(資料代等)
対象:生活クラブ生協(埼玉)の組合員
 
申込しめきり:2018年1月26日(金) 
※当日参加もOKです。
託児あり: しめきり :1月19日(金)
エッコロ会員の方は無料、その他500円/1人
 
問合せ:生活クラブ生協(埼玉) 本部 
森と水の実行委員会 TEL:048-839-4881
 
 
 
 
 
 

 
 

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 子育て応援
  • 子育て・福祉施設向け配送サービスご利用案内
Facebookもチェック
  • twitter
  • これいいクラブ
  • お友だち紹介
  • 生活クラブのえほん

ページの先頭に戻る