イベント

1/19(金) いのちをつなぐ「種」を考えるシンポジウム

2017年4月の国会で主要農産物種子法(種子法)を廃止する法案が自民党などの賛成多数で可決されました。

廃止により外国企業を含めた民間の参入による影響を懸念する声も多く、生活クラブを含め消費者団体などは強く反発しています。種子法廃止で起こりうる問題を知り、種子という共有財産を守る新しい制度の策定に向けて活動の取り組みを広げていく機会になるようシンポジウムを開催します。

 
いのちをつなぐ「種」を考えるシンポジウム
~種子法廃止 その問題点を探る!~
 
突然廃止された種子法 種子を未来の世代に手渡そう!
 
内  容: 基調講演 主要農産物種子法廃止とは?
 講師 日本の種子を守る会アドバイザー 印鑰 智哉(いんやく ともや)氏
       生活クラブ生協連合会 会長  加藤 好一 氏
 
日時: 2018年1月19日(金)13:30~16:00
会場: JA全農青果センター㈱ 2階 大会議室(戸田市美女木1141) 
    JR埼京線北戸田駅から 徒歩約15分
 
どなたでも参加できます
 
申込しめきり:2018年1月12日(金)
 
 
 
 
 
 
(2017年12月4日掲載  2017年12月7日更新)
 

 
 

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 子育て応援
  • 子育て・福祉施設向け配送サービスご利用案内
Facebookもチェック
  • twitter
  • これいいクラブ
  • お友だち紹介
  • 生活クラブのえほん

ページの先頭に戻る