おおぜいの自主監査

「おおぜいの自主監査」とは、組合員自らが生産現場を訪問し、製造環境や製造工程を確認し生活クラブの「自主基準」への到達点をチェックするという、生活クラブならではのユニークな活動。消費材をより良くするにはどうしたら良いかを、生産者と組合員がいっしょに考える機会となっています。「おおぜいの自主監査」は、次のようなステップで行います。

「おおぜいの自主監査」のステップ

やるべきことは盛りだくさんですが、参加した組合員は「自分が取組んでいる消費材のことを深く知ることができ、生産者とのつながりも密になる」と話しま す。監査を受ける生産者とは、課題を追究する厳しいやりとりが交わされ、馴れ合いのない緊張感のある関係が、消費材のレベルアップに、よい効果をもたらしています。

*おおぜいの自主監査は地区・支部・ブロック主催で企画できます。開催方法については「生活クラブ活動ハンドブック」をご確認ください。

生活クラブ活動ハンドブック/利用結集活動PDF

おおぜいの自主監査(連合会HP)


自主監査にいってきました!(埼玉単協)

2016年2月3日(水) 牛乳入り鈴カステラ ㈱紅葉堂
2016年7月13日(水) まなむすめ JAかみよつば
2016年8月18日(木)~8月19日(金) 紅玉 JAさがえ西村山
 
 

ページの先頭に戻る