甲状腺検査活動

 
 

生活クラブ埼玉では、2012年度「福島の子どもと知る権利を守るための活動」に賛同し、福島と他地域の比較のために埼玉県内で子どもたちの甲状腺検査を実施しました。生活クラブグループ全体では613名の参加がありました。(1人の年齢が対象外だったため、有効件数は612件)。その目的は福島県が行なっている甲状腺検査に対して自主検査を行なって結果を比較すること、および県などによる情報管理や操作を監視することです。また、それ以外にも右の3つのねらいがあります。

2013年度も検査活動を実施し、生活クラブ18単協702名が参加し、うち2012年度からの継続者は329名(47%)となりました。2014年度は21の地域で甲状腺検査が行なわれ、合わせて736人が受診しました。また、医療機関も新規に11ヵ所の協力を得ることができ、福島県郡山市でも検査活動を開始することができました。

福島県や環境省による検査との単純な比較が難しい現状だからこそ、一定の検査規模で少なくとも数年間は検査活動を継続する必要性が見えてきています。放射能による甲状腺への健康被害については、医学的にも「わかっていない」ことが多いのが現状ですが市民の手による検査活動を継続することで、政府や福島県による甲状腺検査を監視し、政府による情報管理への異議申し立てを行なうとともに、子どもたちの健康と未来を守る活動が重要です。


甲状腺検査活動中間報告 / 学習会(埼玉)

2013年12月15日(生活クラブ埼玉本部)

講師:松崎道幸氏(深川市立病院)/土山雄司氏(生活クラブふくしま単協専務理事)

<甲状腺検査活動の背景、福島県内の現状、チェルノブイリ視察報告>

<全国の甲状腺検査活動の評価と総評>等

2015年2月14日(生活クラブ埼玉本部)

講師:大場文江氏(クリニックふれあい早稲田副委員長)/土山雄司氏(生活クラブふくしま単協専務理事)

<福島の子どもと知る権利を守るための活動について>

<原発事故による低線量汚染地域における放射線の健康影響について>

<甲状腺エコー健診の継続の重要性>等

2016年1月22日自然エネルギー学習会(生活クラブ埼玉本部)

講師:片岡輝美氏(会津放射能センター代表/放射能から子どものいのちを守る会・会津代表)

<「フクシマ」を考える>

<埼玉県内の放射能に関する市民活動報告>報告:森の測定室・滑川「市民の手による東日本土壌ベクレル測定プロジェクト@埼玉」 /  HSF市民測定所・深谷「子どもたちを放射線から守ろう放射線見える化プロジェクト埼玉」

<生活クラブ生協の復興支援・自然エネルギーの取組み>

2016年2月11日甲状腺検査活動学習会(生活クラブ埼玉本部)

講師:大津山ひろみ氏(生活クラブふくしま理事長)

<震災後から現在の福島>

講師:渡辺繁美(生活クラブ連合会企画部企画課長)

<2014年度検査活動報告>

2016年7月23日(土)生活クラブ甲状腺検査活動2015報告会

講師:松崎 道幸氏 /  種市 靖行氏 / 大津山ひろみ氏


甲状腺検査 協力医療機関(埼玉)

医療法人クレモナ会ティーエムクリニック


甲状腺検査活動報告会(連合)

2012年度甲状腺検査活動中間報告会

2013年度甲状腺検査活動報告会

2014年度甲状腺検査活動報告会

2015年度甲状腺検査活動報告会

ページの先頭に戻る