リフレッシュツアー

埼玉単協は2012年度より毎夏に福島の子どもと組合員を招き、リフレッシュツアーを実施してきました。主な目的は、

・子どもたちが放射能を気にせず外で思いっきり遊びリフレッシュする機会の創出。

・子供たちの甲状腺検査を埼玉の医療機関で実施し、知る権利を守ることと比較データの蓄積及び子供たちの早期健診の機会の創出。

・保養だけでなく、自然や非日常の空間を活用し、自ら作り上げるツアーにすることで自立性や協調性を養い、健康的な成長を推進していく。

開催時期は夏休みの期間で、毎年多くの参加があります。運営は、実施希望支部やブロックで実行委員会を設置し、組合員が中心となりツアー内容を組み立てます。2012年は公募、2013年は狭山ブロック、2014年は熊谷ブロック本庄支部、2015年は熊谷ブロック羽生支部が中心となって開催されました。


過去のリフレッシュツアー

「福島の子どもたちの受入ツアーin埼玉」(2012年)

「たのしい夏がやってくる!埼玉の自然とあそぼ!」(2013年)

「早稲田の杜とディズニーランドの旅」(2014年)

「ムジナもんのまちでのびのびツアー」(2015年)

「この夏は寒河江で遊ぼう」(2016年)


 
 

ページの先頭に戻る